職業別の退職体験談

製造業の退職【体験談】を暴露!辞めた2人にインタビューしました

 

この記事がオススメな人

・製造業を辞めようか悩んでいる人

・製造業を辞めた人の体験談を聞きたい人

・製造業の転職や退職について知りたい人

 

きついイメージで知られる製造業

実際に働いている人からは、以下のような声も聞こえてきます。

「毎日が憂鬱」
「地獄のような仕事」
「刑務所にいるみたい」
「ロボットになったよう」
「スキルがまったく身につかない」

 

今回は、そんな製造業を辞めた人のリアルな体験談に迫っていきます!

 

この記事の内容

・インタビューで分かった製造業のリアルな退職体験談

・TwitterやYouTubeでわかった製造業を辞めた人たちの声

・転職や退職への不安を解消するための考え方や知識

・製造業での不満や失敗を活かしたスキルの積み上げ方

 

\ 退職でお困りの方はコチラ! /

退職代行 比較 おすすめ ランキング

↑↑ 当サイトの退職代行サービス徹底比較記事になります。 ↑↑

安心できる大手かつ即日退職できる業者を厳選しました。

 

【実録!】製造業のリアルな退職体験談【インタビュー】

 

Aさん、Bさん、本日はよろしくお願いいたします。

最初にご年代と勤務期間を教えてください。

男性A
男性A
20代、新卒で1年やりました。よろしくお願いします。
男性B
男性B
本日はよろしくお願いいたします。私は40代です。前職では12年ほど勤めておりました。

 

Aさんは若手、Bさんはベテラン。好対照な組み合わせになりますね。具体的には、お仕事内容はどんなことをされていたんですか?
男性A
男性A
車の部品を作っていました。取り付けや仕分けなども行っていましたね。
男性B
男性B
私はいわゆる『ライン作業』です。具体的には車の燃料タンクの組み立てラインになります。

 

それでは、退職しようと思ったきっかけや出来事、理由などを教えてください。思いっきり愚痴ってもらっても大丈夫です笑
男性A
男性A
上司からのセクハラやパワハラがひどかったのが一番です。

あとは仕事への絶望感もありました。

同じことの繰り返しで、働いていて楽ではありましたが、死ぬほどつまらなかったので……。

今よりも刺激的で、楽しく働ける会社に行きたいと思い、新卒1年目でしたが思い切って辞めました。

男性B
男性B
すみません、少しばかり長くなるかもしれません。

お言葉に甘えて、愚痴らせてください笑

はじめに一言でいうと、「世代間の壁が大きすぎた」ということになります。

職場には、年功序列で育ったバブル世代がたくさんいました。

いっぽうで、自分は氷河期世代で、同期は一人もいない状態です……。

この状況だと、バブル世代の人間が偉そうにしてくるのも無理ありません。

嫌なことを平気で押し付けてくるなど、迷惑極まりない存在でした。

バブル世代の人間は、究極の売り手市場で就職するのにまったく苦労していません。

その影響で、人の痛みが分からない人間が多いような気がしました。

結局、ずるずると12年も居続けてしまいましたが、もう関わらない方がいいと思いなおし、退職を決断したという運びになります。

 

お二人ともありがとうございます。

すごくリアルに伝わってきました。

退職する際に、不安を感じたり、悩んだことはなにかありますか?

男性A
男性A
退職そのものへの不安と、転職への不安がありました。

とにかく、無事辞めさせてもらえるかどうか心配で……。

また、新卒だったので、仕事を辞めて他のところがすぐに受かるのかとても悩んでいました。

でも無事に転職できて、今は営業で楽しくやっています!

男性B
男性B
ここをやめたとして、新しい職場に馴染めるかどうかは不安でした。

ちなみに、いまは広告会社の事務職をやっています。

給料は低いですが、同じ世代の人も多いため、人間関係は良好です。

 

退職をスムーズなものにするために心がけたことはありますか?
男性A
男性A
退職を二ヶ月前に上司に報告しましたね。

早め早めで。

新人が入るまで、根性出して頑張りました笑

男性B
男性B
私も退職時期には気を使いました。

春や秋は忙しい時期なので、夏に上司に退職する意思を伝えた形です。

 

今、過去のAさんBさんと同じように「工場製造業の退職」で悩んでいる人に伝えたいメッセージをぜひお願いします。
男性A
男性A
精神的に追い詰められてしまう前に退職をしてください!

その後の人生を棒に振りかねないので、自分の精神状態をよく見て退職するかどうか決める事をオススメします。

一度きりの人生なので、せっかくなら楽しく仕事を頑張りたいですよね。

仕事は必ず見つかりますよ!

男性B
男性B
就職した会社を辞めるのは勿体ないという声があるのは確かです。

しかし、人間関係が悪い場合は精神面で支障が出るので、異常な行動を起こしてしまうことも……。

肉体的な健康にも良くないので、すぐ辞めるべきです。

幸いなことに、現在はネットが発達しているので、今後は働き方が大幅に変わる可能性があります。

大袈裟に言うと、正社員という概念すらなくなって、みんなが個人事業主として働く時代になるかもしれません。

現状、副業ブームやフリーランスブームも起きていますしね。

ムリに正社員にこだわらなくてもいいと思いますよ。

 

ありがとうございます!

お二人とも、温かいお言葉で、これを見ている人の背中を押してくれるようなメッセージでした。

それでは、最後の質問になります。

『退職代行サービス』というものがありますが、どのような印象ですか?

男性A
男性A
人によっては非常にいいサービスだと思いますよ。

私のように、上司からセクハラやパワハラなどの圧力をかけられてる人です。

男性B
男性B
退職の意思を伝えたときに、話し合いにならない上司がいる場合もありえますよね。

こうなると想像以上に大変だと思います。

個人的には、必要なサービスだと考えます。

 

Aさん、Bさん。お二人とも、本日はありがとうございました。

詳細にお話してくれたので、記事を見てくれる方の参考になると思います!

【世間の声】TwitterやYouTubeでの「退職体験談」もご紹介

 

ということで、実際に「製造業を退職した人」の体験談を聞いてきました。

一方で、ほかの製造業の方たちは、どうなのでしょうか?

TwitterやYouTubeでも「製造業の退職体験談」をいろいろと調査してきましたので、その結果をお伝えしたいと思います!

 

【Twitter】製造業を辞めた人たち

 

→作業内容が暇すぎて辞めた人のツイート

→職場にもよると思いますが、合わない人には「地獄」と感じるほど苦痛なようです。

→この方のほかにも、製造業に対して「牢屋」「刑務所」「ロボット」という比喩表現がいたるところで散見できました……。

 

 

→上司のモラハラで辞めたケース。

→製造業に限った話ではないですが、上司が最悪すぎて辞めるケースも多いようです。

→仕事内容や待遇などは問題なくても、『モンスター上司』という一つの要素で全てが吹き飛ぶ場合もあるのかもしれません。

 

 

→現場の人のひどい扱いを物語っているツイート。

「差別」「使い捨て」とは強烈ですが、あながち言い過ぎな表現ではないと思えてしまうのが怖いです。

 

【YouTube】製造業を辞めた人たち

 

〇5年半製造業にいた人の動画

 

製造業のヤバい8つの事実

①替えが効くのでなかなか正社員になれない
②正社員になると逆に給料が低くなる
③業界自体が不安定なのでボーナスも不安定
④閉鎖空間に同じメンツなので人間関係に難
⑤いろいろな部署に異動させられて消耗する
⑥安定ポジションは同じことの繰り返しで地獄
⑦定年まで働ける希望が極めて薄い
⑧なんのために働いているのかわからなくなる

 

主張:派遣であれば入り安くてお金もいい。転職などのキャリアップを視野に置いているのが前提ならばアリ。

→逆に言うと「正社員」だと……。

 

 

 

 

〇理系院卒にもかかわらず3年間ライン作業をやらされた人の話

 

・労働時間、残業など、総じてブラック

・加えて社内スキル(しかも単純作業)しか身につかない

・お局さんやベテランがきつすぎる

・閉塞的な空間で精神に異常をきたす

 

 

【転職への不安】新卒で製造業を辞めても大丈夫な3つの理由

新卒の人ほど、「今の職場をやめても転職できるのだろうか?」と不安になりますよね。

でも、必要以上に悩むことはありません。

たとえ、勤続1年未満の新卒者であっても、安心してください。

 

その根拠として、以下の3つの理由が挙げられます。

 

①第二新卒のくくりで問題なく転職できる

②在職中に転職エージェント登録しておけば安心

③新卒の退職率は大卒3年3割、高卒などは3年4割

 

 

以降、すこしくわしく解説していきます!

第二新卒のくくりになるので問題く転職可能

新卒1年未満で辞めても、転職は可能です。

なぜなら、今の日本の転職市場には「第二新卒」というカテゴリが存在するから。

新卒3年以内までは、「第二新卒=新卒に次ぐ企業が取りたい若手ポジション」という扱いで転職活動を行えます。

 

また、採用する企業側(人材の買い手側)としても、

・新卒3年以内に3割が退職する
・少子高齢化により若手人材が減少

こういった背景は無視できません。

 

企業側が「第二新卒」を積極採用する意図は以下の通り。

・新卒のようなフレッシュさがある
・基本的なビジネスマナーが身についている
・明確な目的意識のもと転職している

上記のような点を評価してくれています。

 

以上のことから、新卒1年目で辞めたからと言って、転職が絶望的になることはありえません。

きちんとした転職活動さえできれば、「問題なく転職できます」

転職サイトやエージェントに登録しておけば安心

いきなり、なんの算段もなく辞めるのは得策ではありません。

できれば今の会社にいるうちに、『転職サイト』『転職エージェント』に登録しておきましょう。

 

こうすることで、「職探しは行っているので、限界が来たらいつでも辞められる」といった心理になります。

辞めた後のことで、下手に不安を呼び込むことがなくなりますよね。

 

※ただし、今のあなたの状態が、心身に異常をきたすレベルであれば話は別です。後述する『退職代行サービス』を使って、まずはすぐに会社をやめましょう。

 

転職サイトに登録してもいいですが、転職エージェントへの登録だけは必ず行いましょう!

なぜなら、転職サイトは基本的には自分の力だけで転職活動を余儀なくされるのに対し、転職エージェントならプロの担当者がサポートしてくれるからです。

 

また転職エージェントは、

求職者の転職成功 → 企業側から一定の報酬を得る

という収益モデル。

 

そのため、完全無料で利用できます。

あなたにかかる金銭負担はまったくありません。

 

転職エージェントはいろいろありますが、代表的なのが『マイナビエージェント』になります。

 

特徴としては以下の通り。

・20代の転職に強い
・心強いサポート体制で有名

このようになります。

 

会社を辞める前から転職エージェントに登録して、転職活動を進めておいてください!

 

今も昔も新卒は3年3割が退職するので、普通のこと

「新卒ですぐやめるのは、なんとなくネガティブなイメージがある」

こんなこと、思っていませんか?

 

しかし、新卒の早期離職は今も昔も珍しいことではありません。

昔から、「新卒の退職率は3年で3割」と言われています。

 

しかも、これはあくまでも大卒者の場合の数字。

高卒、専門卒、短大卒の場合は退職率は『3年4割』にも上ります。

 

この3割や4割、『完全な少数派』とは言えませんよね。

世間的に、後ろ指をさされるほどの数字と言えますか?

 

もはや若者の早期退職は『普通のこと』とすら言えそうです。

入社して早い段階で会社を辞めるのは、そこまで異常なことではありませんよ。

 

※新卒の退職率についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

【退職への不安】新卒でも製造業をスムーズに辞めるための3つの知識

新卒の方であれば、転職と同時にはじめての退職になりますよね。

そのため、不安も多いと思います。

以下の3つの知識を覚えておけば、不安はなくなりますし、スムーズに辞めることができます。

 

①労働者の退職は『法律』で守られている

②退職する2週間前申請で必ず辞められる

③退職が難航したら『退職代行サービス』へ

 

 

ひとつづつ、見ていきましょう!

退職は『法律』で堅く守られた労働者の権利

 

あなたは、会社が何と言おうと必ず退職することができます。

なぜなら、「退職は労働者に与えられた絶対的な権利である」からです。

後述しますが、これは法律ではっきりと定められている事由。

 

2週間前に辞意を申し出れば、2週間後には絶対に辞めることができるんです。

いくら会社や上司が、

 

 

「損害賠償を請求するぞ」

「この忙しい時に辞めるなんて許さん」

「後任が決まるまでは絶対に辞めることは出来ない」

 

 

なんてワードを出してきてもいっさい気にする必要はありません。

 

そして、労働者の退職時には有給休暇も必ず取得できます。

会社側が時季変更権を使うのは認められていません。

 

以上のことから、強靭なメンタルを持つ人であれば、

「民法上、明文化されている権利なので2週間後に辞めますね。そんなことより有給休暇も全部とりますんで。退職時なんで時季変更権とか使えませんよ」

と逆に正論で反論できてしまいます。

法律上、退職の2週間前に申請すれば絶対に辞めることができる

 

法律では、『本人が2週間前に「辞めます」と会社に伝えれば2週間後には雇用関係は終了しますよ』と明言しています。

念のため、以下、ご覧ください。

 

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(民法627条1項)

 

 

「え? でも就業規則では『最低でも1か月前まで』って書いてあったような……」

それはあくまでも会社が勝手に決めたローカルルールです。

 

 

民法(法律) > 企業の就業規則

 

 

優先されるのは当然、民法になりますよね。

以上のことから、労働者はいついかなる理由でも「2週間前に辞意を伝えれば必ず辞めることができる」ということに。

このことは、必ずおぼえておきましょう!

もし退職が難航してしまっても、退職代行サービスを使えば即日退職できる

「そうは言っても、会社や上司が取り合ってくれません!」
「1日、いや1秒たりともこの会社にはいたくありません」

上記のような人も、安心してください。

 

『退職代行サービス』というものを利用すれば、

 

・いっさい会社に出向かなくとも、

・退職のプロがあなたの代わりに、

・100%退職を成功させてくれる

 

上記が可能になります。

 

ただし、「3万円前後の料金がかかる」といったデメリットも留意しておいてください。

とはいえ、有給消化を同時に取得してくれるサービスも多く、転職成功で全額キャッシュバックを行うサービスもあります。

また、LINEで相談するだけであれば無料ですので、そんなに身構える必要もないでしょう。

 

『退職代行サービス』は、

 

「会社が辞めさせてくれない」

「どうしても上司には言い出せない」

「一分一秒でも会社には居たくない」

 

こういった追い詰められた状況にある労働者の、奥の手のような救済サービスです!

 

使わざるを得ない状況の人は、迷わず使いましょう。

 

 

以下、優良な『退職代行サービス厳選6社』徹底比較したまとめ記事になります。

本当にオススメできる『退職代行サービス』のランキング化にはじめ、選び方のポイントやQ&A、実際の利用者の体験談など、徹底的にまとめました。

 

『退職代行サービス』が必要だと感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

あなたに合った『退職代行サービス』を見つけることができます!

 

 

【挑戦への不安】製造業での不満や失敗を活かしてスキルを積み上げよう

「製造業だとスキルが身につかなかった……」
「これからは自分のスキルを向上させていきたい」

このように思っている方もいると思います。

 

つまらない製造業を辞めて、「憧れの職業やクリエイティブな仕事に挑戦したい」と感じているかもしれません。

 

その際には、自然とスキルが積みあがる行動にフォーカスしてみてください。

言い換えると、アルバイトや副業でもスキルが強化されるものを選びましょう、ということです。

 

具体例を挙げると以下の通り。

 

音響エンジニアになりたい

→ 専門学校+音響会社やライブハウスでのアルバイト。

 

YouTuberに挑戦したい

→ 自分のチャンネルをやりつつ、ジャンルが近いユーチューバーの動画編集案件を探す。

 

WEBデザイナーになりたい

→ 派遣やアルバイトで鍛えつつ、副業的にクラウドソーシングの案件受注

 

 

「憧れの職業やクリエイティブな仕事」を目指す場合、普通の転職よりも険しい道のりになるでしょう。

すこしでも早く夢をかなえるために、ぜひ「自然とスキルが積みあがる行動」に意識を向けてみてくださいね。

さいごに:これから製造業の業界ブラック化が懸念されます。ぜひ、自分のやりたい仕事、スキルが積める仕事にチャレンジしてください

 

長くなりましたが、そろそろ終わろうと思います。

じつは、近年、製造業の業界ブラック化が懸念されています。

 

厚生労働省が平成28年に調査した産業別の入職率・離職率によると、

製造業では、

入職率9.2%
離職率は11.4%

となっていました。

※出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/17-2/dl/kekka_gaiyo-02.pdf

※全産業の離職比率の中で、断トツでトップの数字。

 

入職率のほうが、はるかに少ないですよね?

つまり、入ってくる人より出ていく人のほうが多いのです。

もっというと、業界全体で人手不足の現状が続くことに。

 

このことから、製造業の業界ブラック化が懸念されます。

人手不足が自明ですが、この業界ではIT化を嫌う風潮もあります。

 

このままいけば、今いる人にどんどん、しわ寄せがやってきてしまうでしょう。

「辞めたい」と思っているのならなおさら、業界の未来についても考えたほうがよさそうです。

 

そして臆さずに、

・自分のやりたい仕事
・スキルが積める仕事

にチャレンジしていってください!

 

\ 退職でお困りの方はコチラ! /

退職代行 比較 おすすめ ランキング

↑↑ 当サイトの退職代行サービス徹底比較記事になります。 ↑↑

安心できる大手かつ即日退職できる業者を厳選しました。