職業別の退職体験談

【新卒だが辞めたい公務員へ】もったいない論が害悪な3つの理由

新卒1年目だけど、公務員辞めたい……。職場が激務すぎてつらい、辛すぎる……。そんな職場だからか人間関係も最悪。……やめたい。でも、頑張って勉強して苦労して試験を勝ち抜いたことを考えると……。安易にやめるのは絶対『もったいない』よね
その『モッタイナイ論』に振り回されると、確実に損しますよ
  • 新卒の公務員だけど、辞めたい
  • でも安定した公務員を辞めるのは『もったいない』

このように思っている人も多いと思います。

しかし、その『モッタイナイ論』に縛られることこそが、実は逆に「もったいない」んです。

本記事では、「モッタイナイ論」が害悪な2つの決定的理由について解説していきます。

また、

・合法的に「最短当日で退職する方法」
・公務員を辞める前にしておきたい2つの準備

についても見ていきます。

新卒だけど辞めたい公務員の方は、ぜひ目を通してみてください。

 

 

\ 退職でお困りの方はコチラ! /

退職代行 比較 おすすめ ランキング

↑↑ 当サイトの退職代行サービス徹底比較記事になります。 ↑↑

安心できる大手かつ即日退職できる業者を厳選しました。

 

 

新卒だが辞めたい公務員へ!「モッタイナイ論」は害悪。その2つの理由とは?

『モッタイナイ論』に振り回されるな、ってどういうこと?
よく言われている『モッタイナイ論』ですが、実は2つの弊害があるんです。順番に見ていきましょう

①最大のリスク:あなたが故障すること

もし、新卒で公務員のあなたが、以下のような理由で仕事を辞めたいのだとしたら、『モッタイナイ論』はかえって害悪になります。

・人間関係が辛すぎるから
・残業が常態化するなど、激務すぎるから

そんなあなたに知ってもらいたいのは、

そのまま仕事を続けて、身体や精神を壊すのが最大のリスク」ということです。

我慢して続けたとして「自分は故障なんてしないはず」と言い切れますか?

自信をもって言い切れる人は、かなり少ないはずです。

今の職場でやっていける確信があるのなら、そもそも「辞めたい」なんて思っていないはずですよね。

でも、親や友達には『絶対にもったいないから続けようよ』『辛いのは最初だけだし、だんだん慣れるから』って止められるんだよね
ご両親やお友達と、新卒ちゃんが置かれている状況は全く違います。それに、もし新卒ちゃんが体を壊したりしたら周りの人は責任を取れるんですか?

たしかに、公務員は「安定している」と言われます。

  • クビにならない
  • 社会的信用が高い
  • 収入が安定している
  • 福利厚生がしっかりしている

よく、このような利点があげられますよね。

だからといって、ブラック企業さながらの激務な職場でそのまま仕事を続けて、最終的には潰れてしまう未来という「最大のリスク」を無視してはいけません。

本当の安定は、「心の安定」です。

文字通り、心を無くすほどの忙しさによって、身体を壊したり心を病むなど、そういったことが十分に考えられます。

周りの意見に流されて我慢し続けても、結局あなた自身が故障してしまっては元も子もありません。

特に、一度うつ病などの精神障害を患ってしまうと、そこから復活するのは容易ではないです。

最悪の場合、社会復帰できなくなるケースも…

こうなった時に、後悔しても遅すぎます。

もったいない」なんて言ってる場合ではありませんよね。

②人材価値:一生、公務員で生きていけますか?

たしかに、冷静に考えたらリスクが大きいよね……。それに、実は収入も低いんだ。新卒だから仕方ないと思うけど……。ただ、公務員なのに残業代も出ないことが多くて
意外に知られていませんが、若年層の公務員は薄給なんですよね
そうなんだよね。だから民間のベンチャー企業に就職した友達のほうが給料いっぱいもらってて。けどさ、公務員の場合は定年までがんばったら退職金はかなり多いんでしょ?
一生、公務員で生きていく覚悟はありますか?
うっ……。無理、かも……

次に、人材価値の問題を見ていきましょう。

市場における、あなたの人材価値のことです。

もちろん、「公務員」という市場の中であれば、続ければ続けるほど、あなたの人材としての価値は上がります。

逆に、「民間企業」の市場においては、公務員としての人材価値は非常に薄いものに。

転職市場において、公務員→民間企業への就職は難しいんです。

なぜなら、公務員の業務内容として、

  • 裁量権が少ない
  • ルーチンワークが多い
  • 変化を嫌う古い体質

こういった特徴があるからです。

一生、公務員を続けるのであれば、自分の市場価値などは関係ない話です。

しかし、公務員を辞めて民間に転職したい場合、その限りではありません。

え!? 民間への転職が難しいんだったら、一生公務員でいるしかないんじゃ……
安心してください。あくまでも民間→民間への転職よりも不利になるだけで、絶対に転職できないわけではないです。

それに、新卒ちゃんのように新卒1年目であれば、むしろキャリアが浅いということがチャンスになります。

キャリアが浅いことがチャンスに?
公務員という特殊な業界に染まっていないということが、民間企業への転職においては有利になります

このように、公務員から民間への転職を考えているのであれば、早ければ早いほどいいということに。

ですので「もったいない」と退職をためらっている方が、のちのちのキャリア形成としては逆に「もったいない」ということが言えますよね。

公務員として一生がんばっていく覚悟のない人は、早く決断しなければ「転職」ではどんどん不利になるでしょう。

「民間企業」という市場での人材価値は、公務員でいればいるほど薄れていくことになるからです。

新卒で辞めたいけど、上司に言い出せない公務員必見!必ず知っておきたい「最短当日で退職する方法」

こうしている間にも私の市場価値はどんどん……。
よし、辞める方向で考えよう。
あっ、けどあの鬼上司に『このままだとわたしの市場価値が下がり続けるので、公務員辞めます』なんて言えそうにないよ……
別に理由まで正直に言わなくてもいいんですよ笑
『一身上の都合で退職させいただきます』という一言で大丈夫です
そっか、そうだよね。

だけど絶対いろいろ聞かれるし、引き止められそう。

それどころかまずは激怒されるよね。そこから、いつもの説教コースになる未来しか見えない……

大丈夫!新卒ちゃんのように、自分で上司に告げるのが難しかったり、会社がなかなか辞めさせてくれないときに、非常に役立つサービスがあるんです。

いざ、辞める決意が固まっても、スムーズに退職できない場合があります。

  • 怖くて上司に言い出せない
  • 会社が退職を認めてくれない

こういったケースですね。

そんなときは、「退職代行」という救済サービスを使ってみてください。

「退職代行」はいろいろなサービスがありますが、中でも「退職代行ニコイチ」というサービスがオススメです。

「退職代行ニコイチ」の特徴的なメリット
  1. 依頼したその日のうちに即日退職も可能
  2. LINEでの相談が無料で、何度でも無料相談OK
  3. 創業15年の老舗で、退職成功率も100%維持
  4. 万が一退職失敗しても、全額返金保障してもらえます
  5. さらに、ニコイチが推奨する「ワークポート」からの転職成功で全額キャッシュバック

にわかには信じがたい内容ですが、上記はすべて事実。

顧客第一主義の会社のため、このように利用者のリスクを極限まで減らしてくれているんです。

↓↓業界最安値「退職代行ニコイチ」はコチラ↓↓

公式サイト⇒ https://www.g-j.jp

退職代行サービスについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もオススメです。

>>退職代行サービス徹底比較!厳選5社おすすめランキング

新卒で辞めたい公務員が、辞める前にしておきたい2つの準備

『退職代行ニコイチ』に連絡すれば、スムーズに辞められるんだね! よし、わたしもすぐに連絡――
ちょっと待ってください。できれば、最低限、2つの準備をしてから辞めたほうが無難です
最低限の2つの準備?

最低1か月分の生活費は確保

辞めた後の、生活費のことも考えておきましょう。

まず、公務員は失業手当が下りません

「公務員は失業しにくい」という理由で、そもそも雇用保険の適用が法律で認められていないからです。

代わりに、退職手当がもらえますが、新卒一年目の場合は…

6か月以上の勤務

が条件になるので注意が必要です。

さらに条件を満たしていても、自己都合で辞める場合は基本的に3か月後からの支給になります

貰える額も、新卒の場合は決して多いとは言えず、

・20万円の給料で13万円目安になります。

これらのことから…

少なくとも3か月間は無給という状態になるので、3か月分の生活費は確保しておきたいところ。

ただ、人によっては両親に援助してもらったり、周りに助けてくれる人がいる場合は一時期頼ることができるでしょう。

また、最悪アルバイトで食いつなぐという手もありますので、職探しなどの期間も考えて、最低限1か月分の生活費確保しておいたほうが無難です。

転職するなら転職エージェント登録

生活費は貯金崩せばギリ2か月分くらいならある!
ひとまずは安心ですね。では、もう一つの準備も行っておきましょう

次にやっておいたほうがいい準備は、

・転職エージェントへの登録です。

当然、辞めた後は新しい職に就くために、民間企業への転職活動を行うことになります。

※それ以外の手段でフリーランスで独立することを考えている人は、次の項をご覧ください。

転職をスムーズに成功させるためには、転職エージェントへの登録がベストになります。

もちろん、友人知人のつてで仕事を紹介してもらえるのであれば一番いいのですが、たいていの人はそう恵まれた状況ではないでしょう。

また、転職サイトに登録する方法もありますが、それよりも転職エージェントへの登録をオススメします。

なぜなら、転職サイトは基本的には自分の力だけで転職活動を余儀なくされるのに対し、転職エージェントならプロの担当者がサポートしてくれるからです。

また転職エージェントは、求職者の転職成功→企業側から一定の報酬を得る、という収益モデル。

そのため、無料で利用できます

あなたにかかる金銭負担は全くありません。

転職エージェントはいろいろありますが、代表的なのが『マイナビエージェント』になります。

特徴としては以下の通り。

  • 20代の転職に強い
  • 心強いサポート体制で有名

このほかにもいろいろな転職エージェントがあるので、自分に合いそうなものを探してみてください。

また、先ほどご紹介した「退職代行ニコイチ」からも「ワークポート」という転職エージェントに登録できます。

しかも、「ワークポート」から転職成功した場合、「退職代行ニコイチ」のサービス料が全額払い戻しされます。

実質はタダで退職代行サービスを利用できるということですね。

このキャッシュバックを狙っている人はもちろんのこと、「ワークポート」は以下のような人にオススメ。

  • ゲーム業界に転職したい
  • ITやWEB業界に転職したい
  • 短期間でスムーズに転職したい

IT、WEB、ゲーム業界に強く、登録が簡単で対応も早いという特徴があるからです。

当てはまりそうな人は、「退職代行ニコイチ」を経由して「ワークポート」に登録してみてください。

↓↓業界最安値「退職代行ニコイチ」はコチラ↓↓

公式サイト⇒ https://www.g-j.jp

退職代行サービスについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もオススメです。

>>退職代行サービス徹底比較!厳選

独立するなら参入する領域の情報収集

一方で、フリーランスとしての独立を考えている人は、参入領域の情報収集を行いましょう。

ちなみに、フリーランスとしての代表的な職種は以下の通り。

  • ライター
  • デザイナー
  • カメラマン
  • プログラマー
  • イラストレーター

これらの仕事はWeb上のクラウドソーシングサイト、「ランサーズ」や「クラウドワークス」などで多く募集されています。

また、個人で得意スキルを出品できる「ココナラ」や「タイムチケット」なども活用可能。

上記の仕事は、基本的なスキルがあった上でクライアントとつながることさえ出来れば、割と簡単に商売をスタートできます。

そのため、非常にオススメできます。

他にも、ブロガーやYouTuber、ネットショップ運営など「自力で稼ぐ系」の仕事もありますが、こちらは難易度が高すぎるのでオススメできません。

よほど卓越したスキルを持っていて、なおかつ最低半年は無報酬にも耐えられるという人は、チャレンジしてみてもいいでしょう。

こういった、自分が狙っているジャンルの仕事の情報収集、できれば基礎知識の勉強なども行っていると、いざ辞めたときにも動き出しやすくなります。

最後に:辞めたいと思った時点で、もはやモチベは死滅しています

私の場合は、民間企業への転職がいいかも! ゲーム業界に興味があるから「退職代行ニコイチ」経由で「ワークポート」も使えそう
合う合わないもあるので、転職エージェントは複数登録しておくといいですね
でも、転職成功できるかけっこう不安だな……。もう少し歯を食いしばって今の職場を続けるのも……
新卒ちゃん。今の仕事に対してモチベーションはどのくらいありますか?
え……。そりゃあ、低いよ。地面すれすれで低空飛行している感じ

最後に、お伝えしたいことがあります。

ここまで読んでいただいた方の中で、まだいろいろ迷っている方もいると思います。

世間的に「安定している」と言われる公務員を捨てて、民間企業への転職やフリーランスという独立を目指すのは勇気のいること。

ですが、「公務員辞めたい」と思った時点でモチベーションはすでに死滅しているのではないでしょうか?

そんな状態では、仕事はますます嫌になる一方だし、大きなミスをしてしまう可能性もあります。

先述しましたが、心身が故障してしまうことだって起こりえます。

また、自分をだまし続けてダラダラ仕事を続けた結果気づけば数年がたっていた(=民間企業への転職が難しい状態)なんてことにもなりかねません。

そんな数年単位で人生をムダにするようなことはしないでください。

こういった主張は、「続けろ」と主張している人から見たら、無責任なものとして映るかもしれません。

ただ、「続けろ」という人も変わらず無責任です。

「続けろ」という声に従ってあなたが公務員を続けた結果、もしあなたがうつ病になってしまったら、「続けろ」といった人は責任を取れるのでしょうか?

もちろん、「そんなのは自己責任だ」と切り捨てられるだけでしょう。

「続ける」も「辞める」も、結局はあなた自身が選択するしかない問題です。

本記事での主張も、

・「もったいない」や「甘い」などという声に必要以上にふり回されないでほしい

といったものでしかありません。

この記事が「もったいない」や「甘い」といった声以外の、ひとつの視点や判断材料になれば幸いです。

いずれにせよ、後悔しない「決断」になればと願っております。

 

\ 退職でお困りの方はコチラ! /

退職代行 比較 おすすめ ランキング

↑↑ 当サイトの退職代行サービス徹底比較記事になります。 ↑↑

安心できる大手かつ即日退職できる業者を厳選しました。