職業別の退職体験談

介護士の退職【体験談】を暴露!辞めた2人にインタビューしました

人手不足や激務で知られる介護職……。

介護士の方は、普通の仕事とかけ離れている部分がたくさんあります。

 

例えば、

・朝から晩まで体を酷使し続ける生活が続き、体を壊す寸前

・夜勤が多くて、生活リズムが不規則になってしまっている

・とにかく人手不足で忙しく、休憩なしやサービス残業が当たり前

・利用者からの理不尽な嫌がらせや暴力が日常茶飯事で、もう我慢の限界

・おまけに職場の人間関係も最悪で、ストレスで心がすさんでしまっている

こうした大変さがありながらも、介護士は「給料が安いのが当たり前」というような風潮もあります。

激務×薄給の大変つらい仕事ですよね。

 

全員が全員、まったく同じような状況ではないと思いますが、あなたも似たようなことで悩んでいませんか?

今回の記事は、そんな介護業界にわかれを告げた『元介護士』の方2名へのインタビューになります。

 

この記事では、

 

・介護士のリアルな体験談、退職や転職のエピソード

・介護士を辞めた人の、TwitterやYouTubeでの体験談

・介護士の転職への不安や、退職への不安に対する解決策

 

このあたりにフォーカスしてみていきます。

「介護士を辞めたあとの転職が不安……」
「介護士を辞めようかどうか悩んでいる……」
「円滑に辞められそうな職場じゃないので恐怖」

上記のような方を対象に、記事を書きました。

 

介護士として「辞めるかどうか悩んでいる」方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

\ 退職でお困りの方はコチラ! /

退職代行 比較 おすすめ ランキング

↑↑ 当サイトの退職代行サービス徹底比較記事になります。 ↑↑

安心できる大手かつ即日退職できる業者を厳選しました。

 

 

【実録!】介護士のリアルな退職体験談【インタビュー】

以下から、元介護士2名へのインタビュー内容になります。

Aさん、Bさん、本日よろしくお願いいたします。

最初にご年代と勤務期間を教えてください。

女性A
女性A
よろしくお願いいたします。

私は30代で、8年ほど勤務していました。

女性B
女性B
よろしくお願いします。

30代、3年半働きました。

ありがとうございます。

お二人とも、介護関係のお仕事ですよね?

女性A
女性A
はい、私はデイサービスで事務と介護の両方をやっていました。
女性B
女性B
私は一般的に介護士と呼ばれるような仕事です。

特別養護施設の老人ホームで働いていました。

具体的には、お仕事内容はどんなことをされていたんですか?
女性A
女性A
事務の方では、書類作成や利用関係者様(ご家族など)との連絡対応などです。

介護では、全般的な介護を行っていました。

介護に加え、レクリエーションや自宅への送迎など、あらゆることをやっていました。

女性B
女性B
私は、介護メインで入居者の方のお世話をしていました。

デーサービス・ショートサービス・特養入居者すべての対応になります。

あ、来客対応などもありましたね。

それでは、退職しようと思ったきっかけや出来事、理由などを教えてください。
女性A
女性A
体力・精神ともに限界でした……。まず、仕事が多すぎて休みがありません。

長く務めたため、役職が付いたのはいいのですが、それに伴い仕事量ももっと増えてしまいました。

毎日サービス残業で、休日出勤しなければならないほど仕事が多かったんです。

それに加えて、入れ替わりの激しい職場のためスタッフの指導もあり、負担がかなりのものになりました。

最終的な決め手としては、上司の入れ替わりです。

肉体的にはすでに限界近かったのですが、これで精神的にも限界に。

その上司は介護経験がほとんどなく、面倒な仕事はすべて逃げて、上司の前でだけ仕事をしているように演じていました。

そんな上司を目の当たりにしてしまい、いろいろと馬鹿らしくなって……。

私自身、ミスも目立ち始め、「このままではダメだ」と思い切って退職しました。

女性B
女性B
私は体力的に限界がきて辞めました。

かなり腰痛がひどくなりまして……。

夜勤があって変則的なシフトになることや、女性ばかりの環境にもやりづらさを感じていたのも退職した理由です。

やはり、介護士の現場はものすごくハードなんですね……。

お二人ともありがとうございます。

リアルに伝わってきました。

退職する際に、不安を感じたり、悩んだことはなにかありますか?

女性A
女性A
そのとき、年齢が30手前で、ずっと介護職でやってきたので、転職できるかどうか不安でした。

退職を機に結婚することになり、今は専業主婦をしています。

女性B
女性B
職場の人員がいつもギリギリで、新人は研修期間を待たずに辞める子が多く、スムーズに辞められるかどうかが一番不安でした。

この業界だと、当時20代半ばでも3年半いればベテラン扱いされていて……。

それだけ続かない人が多い、ということです。

あとは純粋に「職を失う」ことへの不安もありました。

ちなみに、無事に退職も転職できていて、今は医療事務員として働いています。

なので、そこまで不安がることもなかったかなあ、と思っています。

Aさんは「転職」、Bさんは「退職」そのものに不安があったわけですね。

退職をスムーズなものにするために心がけたことはありますか?

女性A
女性A
自分自身で、引継ぎ用の 仕事内容の書類を作りました。

かなり詳細なものです。

それを上司に持っていき、退職交渉しました。

女性B
女性B
私の場合は、かなり前から、辞める半年前くらいから退職を切り出していました。
今、過去のAさんBさんと同じように「介護士の退職」で悩んでいる人に伝えたいメッセージをぜひお願いします。
女性A
女性A
辞めるまでには、「職場や同僚・上司に迷惑がかかるのではないか」と不安があると思います。

私の場合ですと、退職する直前は、もう本当に身も心も疲れ切った状態でした。

今考えると、逆にもう少し早くやめたほうが良かったと後悔しています。

もっと自分を労わってあげたかった……。

私のように後悔しないためにも、自分のことをもっと優先してもらいたいな、と。

精神的にしんどかったり、責任感から我慢しているのであれば、なおさらです。

退職を後ろ向きなものとしてではなく、前向きなもの、『ひとつのチャレンジ』だと捉えてください。

女性B
女性B
上司や同僚としての意見では、もし合わないなら研修期間のうちにすぐ辞めてくれたほうが助かります。

前提として、介護の現場だと、そういう風(すぐに辞めるのが普通)に見ているところがあります。

しかし、半年や1年など、ある程度働いている人であれば、少なくとも3か月以上前には退職の意向を伝えたほうがいいかなと思います。

職場にもよりますが、どこも人手不足で大変だと思うので。

退職理由などは、もし一人暮らしなのであれば、「実家に戻ることになった」と説明すればそれでいいと思います。

メッセージありがとうございます。最後の質問になります。

最近、『退職代行サービス』が浸透していますが、どのような印象ですか?

女性A
女性A
私は好意的ですね。

介護のようなブラックな業界、ほかの業界でもブラックな会社であれば、場合によっては利用を検討すべきです。

とてもいいサービスだと思います。

女性B
女性B
私も、いいと思っています。

人間関係や労働環境がヤバすぎる会社もありますからね。

とくに上司が最悪な場合、退職も最悪なものとなるはずです。

お金を支払える、または支払うことに抵抗なければ、全然つかっててもいいサービスだと思いますよ。

むしろ私も、この先、自分がブラックすぎる職場にあたってしまったら、利用したいと思っています。

お二人とも、今日はありがとうございました。詳細にお話してくれたので、記事を見てくれる方の参考になると思います!

【世間の声】TwitterやYouTubeでの「介護士の退職体験談」もご紹介

ということで、実際に「介護士を辞めた人」に実際にお話を聞いてきました。

一方で、ほかの介護士の方たちは、どうなのでしょうか?

TwitterやYouTubeでも「介護士の退職体験談」をいろいろと調査してきましたので、その結果をお伝えしたいと思います!

【Twitter】介護士を辞めた人たち

 

→この方は相当ハードな職場で、仕事は好きだったのに体調を崩してしまった、とのこと。

→結局、辞めてしまった。

→介護丼とは、お茶碗におかずを全部混ぜて利用者に差し出す意味みたいです。

→介護業界のブラックな一面が垣間見れますね。

 

 

→辞めよう辞めようと思って働いていたが、ついに辞めた人のツイート。

「辞めて正解なのは間違いない」と辞めたのを後悔していません。

 

 

→この方も激務により、心身ともに異常をきたして辞めてしまったようです。

→入院で休職→非常勤で復帰→無理やり通常業務→身体を故障して退職と、信じがたい経緯ですね。

→病気からかろうじて復帰した後に「でも人が足りないからとすぐに通常業務に戻され」と言っていることから、相当な人手不足を感じます……。

【YouTube】介護士を辞めた人たち

 

 

ざっくり動画内容

 

→人間関係で退職。

→いじめや女性同士の争いなどに嫌気がさした。

「ストレスでからだがぶっ壊れるくらいだったら辞めたほうがいい」とのアドバイス。

 

 

 

 

ざっくり動画内容

 

→10年介護士(正社員)をやって辞めた人の話

→おもに退職金についての動画ですが、だいたい100万円だったようです。

→介護士系ユーチューバーのなかでは知名度ある方みたいです。

 

 

 

 

 

ざっくり動画内容

 

→コチラの方はアルバイトですが、介護職を2日で辞めたときの話をしています。

→施設内の様子やリアルな業務内容など、話されていました。

「辞めるときに意外にすんなり行った」ということで、意外でした。

バイトが辞めることを前提で雇っている過酷な職場といった印象です。

 

【第二新卒】新卒で介護士を辞めた場合、転職できるか不安です……

新卒の介護士さんほど、「今の職場をやめても転職できるのだろうか?」と不安になりますよね。

でも、必要以上に悩むことはありません。

 

たとえ、勤続1年未満の新卒者であっても、転職の道は閉ざされてはいないからです。

場合によっては、ベテランよりも有利に転職できる可能性すらあります。

 

ではなぜ、新卒1年未満で辞めても転職が可能なのでしょうか?

それは、今の日本の転職市場には「第二新卒」というカテゴリが存在するからです。

 

じつは新卒3年以内までは、この「第二新卒」という扱いで転職活動を行えます。

 

また、採用する企業(人材の買い手側)としても、

・新卒3年以内に3割が退職する
・少子高齢化により若手人材が減少

こういった背景から、現在は「売り手市場」(=労働力の売り手側が有利という意味)に。

 

基本的に、若手というのは転職にも強い要素なんです。

 

企業側が「第二新卒」を積極採用する意図としては、

・新卒のようなフレッシュさがある
・基本的なビジネスマナーが身についている
・明確な目的意識のもと転職している

上記のような点を評価してくれています。

 

以上のことから、新卒1年目で辞めたからと言って、転職が絶望的になることはありません。

きちんとした転職活動さえできれば、「問題なく転職できます」。

 

 

【救済策】介護士の退職が難航したときは退職代行サービスへ

いま介護士としてなんとか続けられていても、

「仕事が原因で心身ともに限界」
「退職を言い出せずに困っている」
「できれば今すぐに会社を辞めたい」
「上司が辞めさせてくれなくて困っている」

このような状況にある方もいると思います。

 

そんなときに利用したいのが『退職代行サービス』

 

これは、

・いっさい会社に出向かなくとも、
・退職のプロがあなたの代わりに、
・100%退職させてくれるサービス

になります。

 

あなたと会社の間に、『退職代行サービス』という第三者を入れましょう。

いわば、使者のようなイメージですね。

 

会社とあなたの「退職問題」をかならず解決してくれる強い味方になります。

 

ただし、以下のデメリットにも注意してください。

・3万円前後の料金がかかる
・強制力を使うので「円満な退職」は不可能

 

『退職代行サービス』は、

「会社が辞めさせてくれない」
「どうしても上司には言い出せない」
「一分一秒でも会社には居たくない」

こういった追い詰められた状況にある労働者の、奥の手のような救済サービス。

 

当然、状況に余裕がある人や、使わなくともすむ人だっています。

ただし、使わざるを得ない状況の人は、迷わず使いましょう。

 

以下、優良な『退職代行サービス厳選6社』を徹底比較したまとめ記事になります。

本当にオススメできる『退職代行サービス』のランキング化にはじめ、選び方のポイントQ&A実際の利用者の体験談など、徹底的にまとめました。

 

『退職代行サービス』が必要だと感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

あなたに合った『退職代行サービス』を見つけることができます!

 

さいごに:介護職の退職体験談から、想像以上にブラックな業界だと気づかされました

ここまで介護士の方の退職体験談を、様々な形で見てきました。

想像以上にハードでブラックなお仕事なのだ、と改めて気づかされています。

インタビューしかり、YouTubeやTwitterしかり、正直こんなに暗い気持ちになるとは考えていませんでした……。

 

いたるところでで、悲痛な叫びや「辞めて本当によかった」という声が見られましたからね。

いま介護業界でがんばって働いている人もいると思います。

これを読んでいるあなたも、まさにそうかもしれません。

 

ただ、肉体的な辛さや精神的なつらさが大きいのであれば、はやめに辞めるのが最善だと思います。

「お金の不安」「転職の不安」など、もちろんあるでしょう。

でも、心身ともに故障してからでは遅いです。遅すぎます。

 

後悔しない人生にしてください!

今の仕事を辞めたあとも、そのまま人生は続きますので。

 

長々と書いてきましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

本記事は以上となります。

 

 

\ 退職でお困りの方はコチラ! /

退職代行 比較 おすすめ ランキング

↑↑ 当サイトの退職代行サービス徹底比較記事になります。 ↑↑

安心できる大手かつ即日退職できる業者を厳選しました。