季節だより☆黒鉄黐(クロガネモチ)の実!

城山でクロガネモチの実が赤く染まってきたぉ。

くろがねもち1

モチノキ科モチノキ属の常緑高木で関東以西に分布するっぺ。

若い枝や葉の軸が黒紫色を帯びることと科名から名づけられたそうだぉ。

モチノキと同様に樹皮から鳥もちを作ることが出来るっぺ。

くろがねもち2

果実は鳥に食べられ、排泄物として種が蒔かれるそうだぉ。

鳥が食べなかった果実は翌年花が咲くまで残るっぺ。

くろがねもち3

緑の葉と赤い実のコントラストが美しく、観賞用として植栽もされるぉ。

「クロガネモチ」が「カネモチ(金持ち)」に通じることから、

縁起木として庭木などに利用するところもあるっぺ。

くろがねもち4

雌雄異株で果実ができるのは雌株だけだぉ。

当然雄株も近くに存在してるはずだっけんが気にして見てねっぺ。

寒さを増した冬場が一番美しい時期だぉ。

花言葉は「魅力」「執着」「仕掛け」だっぺ。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク