季節だより☆合歓の木(ネムノキ)!

館山市コミュニティセンターの駐車場付近でネムノキの花が咲いてたぉ。

合歓の木1

マメ科ネムノキ属の落葉高木で、本州から沖縄にかけて分布するっぺ。

夜になると葉が閉じて垂れ下がり、あたかも木が眠ってるように見えることから

「ねむる木」となり、「ねむの木」に変化したそうだぉ。

漢名の「合歓(ごうかん)」は男女が共寝すること、喜びを共にすることで、

葉がぴったりと合わさる様子がそれを連想させることに由来するっぺ。

合歓の木2

薄いピンクのグラディエーションが綺麗だぉ。

長い糸のようなものは雄しべで、花びらはちっこくて目立たねっぺ。

花びらが幾つも集まって一つの花ように見えてるぉ。

合歓の木3

花からは甘~い香が漂ってくるっぺ。

雄しべは柔らかく、絹糸のようなことから「シルクツリー」とも呼ばれるぉ。

合歓の木4

日本では古くから親しまれ、万葉集などに詠まれてるっぺ。

葉や樹皮は漢方薬などに利用されるそうだぉ。

花言葉は「歓喜」「夢想」だっぺ。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク