館山の夏祭り☆館山地区祭礼!

8月1日(土)・2日(日)は館山神社の例大祭だぉ。

祭_館山地区祭礼1

館山地区は、里見氏の居城となった館山城の城下町として栄えたっぺ。

その昔、各地区の鎮守として祀られた神社のいわれにより、

地区ごとに祭礼日がまちまちだったぉ。

大正3年に旧館山村(現在の青柳、上真倉、新井、下町、上町、

上須賀地区)と旧豊津村(現在の沼、柏崎、宮城、笠名、大賀地区)が

合併して館山町になったのをきっかけに、大正7年に13地区11社が

8月1日~2日の祭礼を合同で執り行うようになったっぺ。

だけん関東大震災により、新井・下町の諏訪神社、仲町・上町の諏訪神社、

楠見の厳島神社、上須賀の八坂神社が倒壊したため、

この4社を合祀した館山神社が昭和7年に建立されたぉ。

それ以降、館山地区では13地区8社の合同祭礼として行われ、

神輿7基、曳舟2基、山車4基がそれぞれの地区から出祭されてるっぺ。

1日目は、山車・御舟が各地区内で引き回され、

夕方には神輿が館山神社に集結するぉ。

祭_館山地区祭礼2

激しく(もみさし)を繰り返す7基の神輿の競演は圧巻だっぺ。

2日は館山神社から館山夕日桟橋のたもとまで

山車・御舟の合同引き回しが行われるぉ。

桟橋に5基の山車・御舟のお囃子と太鼓の音が響き渡るっぺ。

夜には再び館山神社に集結するぉ。

下町交差点から館山小学校前交差点まで交通規制され、

1日は16:00~21:00、2日は17:00~21:30の間、歩行者天国になるっぺ。

沿道には出店が立ち並び、大勢の人で賑わうぉ。

祭り開催中は混雑が予想されっかん公共交通機関の利用がお奨めだっぺ。

館山神社:館山市館山252

カテゴリー: 未分類 パーマリンク