ぐるっと館山巡り☆宮城 熊野神社!

館山市宮城にある熊野神社に行ってきたぉ。

K1

宮城地区の鎮守で、宮城交差点の山側にある

頼忠山(通称赤山)の奥の高台に鎮座してるっぺ。

K2
(手水石)
K4K5
(狛犬)

境内にある手水石や狛犬などは全て明治44年(1911年)のもので、

この年に丘陵部から現在地に移されたそうだぉ。

K3
(拝殿)

成務天皇6年の創立と伝えられてるっぺ。

祭神は伊弉諾尊(イザナギノミコト)と伊弉冉尊(イザナミノミコト)だぉ。

K6
(向拝)

彫刻は初代後藤義光の門人の後藤源義定の作品だっぺ。

K7K8
(木鼻・虹梁)

牡丹と宝珠をくわえた獅子が粋だぉ。

K13K14
(海老虹梁)

波と龍が ふんだんに刻まれてるっぺ。

K9
(社名額)

縁起物の鶴、亀、昇り竜があしらわれてるぉ。

K10
(頭貫)

拝殿の四方には獅子が目を光らせてるっぺ。

外からの魔物を寄せ付けねぇようにしてるぉ。

K15

境内から海上自衛隊館山航空基地が見下ろせるっぺ。

現在の基地の前身となる館山海軍航空隊の傍でもあり、

周辺には赤山地下壕を始め、数々の軍用施設が建設されたそうだぉ。

K16
(宮城掩体壕)

神社の傍に残されてる掩体壕もその一つだっぺ。

館山は艦載機の訓練基地として艦載戦闘機が保管されてたそうだぉ。

K17

終戦当時、宮城地区には掩体壕が13基あったそうだけんが、

様々な事情でこの1基のみが残されてるっぺ。

鉄筋コンクリート製でゼロ戦の格納庫だったといわれてるぉ。

戦時中には、宮城地区民の心の拠所として

熊野神社は欠かせねえ存在だったっぺ。

所在地:館山市宮城172

カテゴリー: 未分類 パーマリンク