ぐるっと館山巡り☆文化財の宝庫 那古寺!

館山市那古にある那古寺に行ってきたぉ。

N1
(本坊)

真言宗の寺院で補陀洛山千手院那古寺が正式名だっぺ。

養老元年(717年)、行基が天皇の病気平癒のためこの地を訪れ、

千手観音像を刻み祈願したところたちまち平癒したそうだぉ。

天皇の命により、山の上にこの寺を建てたと伝えられてるっぺ。

N2
(大ソテツ)

本坊前のソテツは樹齢400年とも云われてるぉ。

館山市の天然記念物に指定されてるっぺ。

N4
(仁王門)

緩い勾配の参道を進むと仁王門が迎えてくれるぉ。

那古寺は坂東三十三観音霊場の結願時として知られてるっぺ。

N5

門の周りには見事な彫刻が施されてるぉ。

N6
(鳳凰)
N8
(蓑亀〈みのがめ〉)
N10
(鳩)
N14
(龍)

縁起のいい動物たちがいっぺぇだっぺ。

N13N12

そんな中で金剛力士像が寺院をお守りしてるぉ。

N15
(阿弥陀堂)

県指定有形文化財(彫刻)でもある鎌倉時代の

木造阿弥陀如来座像が 安置されてるっぺ。

N16
(多宝塔)

元禄16年(1706年)の大地震で堂宇は倒壊したっけんが、

観音堂は宝暦8年(1758年)、多宝塔は宝暦11年(1761年)に

那古の伊勢屋甚右衛門が願主となり、

地元の大工たちの手で現在地に再建されたそうだぉ。

県の有形文化財(建造物)に指定されてるっぺ。

N17

壁には霊獣?が浮き彫りにされてるぉ。

N18
(観音堂)

那古寺の本堂で、本尊の木造千手観音立像が安置されてるっぺ。

本堂は県指定文化財で、本尊は市の有形文化財に指定されてるぉ。

また、鎌倉時代の銅造千手観音立像は国の重要文化財だっぺ。

N19N20
(向拝蟇股)
N22N21
(木鼻)

獅子や龍が本堂をお守りしてるぉ。

N25
(手挟み)

カラフルな牡丹が華を添えてるっぺ。

N23

本堂の側面では鬼が見張ってるぉ。

寺の守りは堅いっぺ。

N24

本堂左の岩肌には岩船地蔵や八大龍王碑などがあり、

漁業や海上交通の安全が祈願されてるぉ。

N26

本堂からは館山湾と市内が一望できるっぺ。

江戸時代までは観音堂付近まで波が打ち寄せてたそうだぉ。

元禄大地震や関東大震災などで土地が隆起したっぺ。

所在地:館山市那古1125 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク