館山の秋祭り☆安房国司祭“やわたんまち”!

9月13日(土)・14日(日)は鶴谷八幡宮の例大祭だぉ。

Y1

平安時代初期、安房国総社として創建されたっぺ。

国司祭の伝統を引き継ぎ千年以上に亘る歴史があり、

地元では「やわたんまち」と呼ばれる南房総を代表する祭りだぉ。

千葉県の無形民俗文化財に指定されてるっぺ。

初日には近隣の神社10社の神輿が午後1時ごろから順次着御し、

境内でもみ・さしを繰り返すぉ。

また、午後1時半ごろには北条地区の山車4台と御舟1台が

北条海岸で1年ぶりの再会を果たし、旧北条村の村社だった

神明町の新明神社まで合同引き回しが行われるっぺ。

翌14日は午後3時半までに山車、御舟が八幡宮に集結し、

祭典の後、順次館山駅に向け出発するぉ。

その後、お仮屋で一夜を過ごした10社の神輿は

太鼓の合図とともに境内に飛び出し、もみ・さしを繰り返すっぺ。

安房神社を先頭に順次還御して祭りは最高潮に達するぉ。

午後6時には5台の山車、御舟が館山駅東口に集結し、

各社が打ち鳴らす太鼓でクライマックスを迎えるっぺ。

江戸時代から続く農具市や出店も立ち並び、

二日間の祭りは大勢の人で賑わいを見せるぉ。

祭り開催中は交通規制がしかれっかん

公共交通機関の利用がお奨めだっぺ。

詳しくはこちら⇒安房国司祭“やわたんまち”

カテゴリー: 未分類 パーマリンク