館山の夏祭り☆たてやまんまち!

8月1日(金)・2日(土)は館山地区の合同祭礼だぉ。

祭_館山地区祭礼1

里見氏が居城を構え城下町として発展してきた館山地区は、

その昔、各地区の神社のいわれにより祭礼日がまちまちだったっぺ。

大正3年に旧館山町(青柳、上真倉、新井、下町、上町、仲町、楠見、

上須賀地区)と旧豊津村(沼、柏崎、宮城、笠名、大賀地区)が合併し

館山町になったのをきっかけに、 大正7年から13地区11社が

8月1日~2日に合同で祭礼を行うようになったぉ。

大正12年の関東大震災により、新井・下町の諏訪神社と

仲町・上町の諏訪神社、楠見の厳島神社、上須賀の八坂神社が倒壊し、

4社を合祀した館山神社が昭和7年に建立されたっぺ。

それ以降13地区8社の合同祭礼がおこなわれてきたぉ。

山車4基、御舟2基、神輿7基がまつりを盛り上げるっぺ。

1日は各地区内で山車、御舟が引き回され、

神輿は館山地区内を渡御し、16:00~19:00頃館山神社に宮入だぉ。

祭_館山地区祭礼2

境内での激しいもみさしは圧巻だっぺ。

2日は館山神社から夕日桟橋のたもとまで

山車、御舟の合同引き回しが行われるぉ。

17:00頃から順次館山神社に集結し、お囃子の競演だっぺ。

館山市無形文化財の新井、柏崎の御舟唄も披露されるぉ。

両日とも下町交差点から館山小学校入口交差点まで

交通規制がしかれ、1日は16:00~21:00、

2日は17:00~21:30まで歩行者天国になるっぺ。

沿道には露店も並び大勢の人でごった返すぉ。

お越しの際は公共交通機関の利用がお奨めだっぺ。

所在地:館山市館山252

カテゴリー: 未分類 パーマリンク